格安ドイツ留学保険 ドクターヴァルター/ Provisit

ドクターヴァルターは、ドイツ、オーストリアに滞在される方が現地で滞在ビザを取得できる健康保険を提供しています。このページで紹介する保険は Provisit という保険になります。

出張、観光、留学でのドイツ、オーストリア滞在に!

Provist 保険のご案内

Provistはドイツ、オーストリアに渡航されてから、ビザを取れる保険をお探しの方、あるいは旅行、あるいはビジネスでドイツ、オーストリアされる方が対象の保険です。ただし渡航先に入国後、30日以内にご加入ください。30日を過ぎてしまうと、もう加入できません。

例外は他社の保険に加入して渡航、ビザの発給を拒否されてから、あるいは保障内容にご不満でProvisit保険に変更される場合です。このケースでは入国後、12ヶ月であれば加入することができます。(保険待機期間は1ヶ月。)加入最高年齢は69歳まで。

この保険は渡航先で通院しても入院しても、自己負担金がありません。具合が悪くなったら我慢せず、安心して診療にいけます。さらにはこのお安い保険料なのに旅行に欠かせない事故保険、個人賠償責任保険、さらには強制送還になった際の保険が込みです。

こちらの保険はEducare24と同様に、欧州委員会が定めた外国人の欧州滞在に必要な保険条件を満たしているので、滞在ビザの申請にもご利用いただけます。

保険料のお支払い方法はクレジットカード(ビザ、マスター、JCB)、Paypalでのお支払いが可能です。そしてどのお支払い方法をご選択いただいても、手数料なし。唯一、送金でお支払いされる場合は、銀行送金手数料が必要です。

保険内容

通院治療費、処方された薬剤、治療材料には上限、自己負担金なし。
疾病時に医師より処方された治療(針治療など)は250ユーロ/保険契約年まで保障。
事故により処方された補助器具(車椅子等)は上限なし。
医療上欠かせない病院までの移送費。
入院/手術は、国民皆保険で保障されている同じ範囲(複数ベット部屋、選択治療無し)まで保険が効きます。
入院治療費は、病院が直接、保険会社に入院治療費を請求することができます。
保険発効後に妊娠された場合は、定期健診、出産費用も保険の対象になっています。(自己負担金なし)。
病気、事故の後で医療上不可欠なリハビリ治療も保障。
保険発効後に発病した精神病の治療は500ユーロまで保障。
医療上欠かせない故国への移送費(14日以上の入院が必要な場合)。
歯の鎮痛治療は上限なし(2本以上の歯の治療の場合は、事前に了解を取ることが必要です)。
旅行先で救出作業が必要になった場合は、3000ユーロまで救出費を保険でカバー。
事故により100%の障害が残った場合は、10万5千ユーロ支給。
死去の際には5000ユーロの保険金支払い。
遺体の搬送、あるいは埋葬費用は1万ユーロまで補償されています。
最長保険期間2年まで。

個人賠償保険

意図せず対人、対物に危害、損害を与えた場合、この保険が補償額をカバーしてくれます。
対人、対物の補償額は100万ユーロまで。
滞在先で不動産に損害を与え、保険を使用される場合は250ユーロの自己負担金があります。
保険料(月額)

Provisit

1~12ヶ月 / 29歳まで / 入国後、1ヶ月以内に加入

38,50 €

Provisit

1~12ヶ月 / 29歳まで / 入国後、1ヶ月以内に加入

54,00 €

Provisit

1~12ヶ月 / 69歳まで / 入国後、2~12ヶ月以内に加入

85,00 €

Provisit

1~12ヶ月 / 69歳まで / 入国後、1ヶ月以内に加入

64,00 €

1 / 2

Please reload

保障内容補足
Provisitに加入されると、6週間までの旅行に限りますが、EU内、スイス、リヒテンシュタイン、モナコ、ノルウエー、アイスランドで有効です。
救急車での移送費用も保険の対象になっていますが、「お酒を飲みすぎて気分が悪い。」程度の症状では保険は効きません。救急車の使用が医療上、必要不可欠と判断される場合、この費用も保険の対称になります。
事故保険

この保険は渡航先で事故に遭い、救出が必要になったり、障害が残ったり、あるいは死亡された場合に保障されるもので、Dr.Walterの保険に含まれています(値段の安いSは例外)。

スキー事故などでの救出費用は3000ユーロまで、事故により障害が残った場合は最大で10万5千ユーロの保証金、被保険者が死去された場合、5000ユーロの保険金が支払われます。

遺体の本国への移送費は最高1万ユーロまで保険の対象になっています。詳細はこちらをご覧ください。

参照 : Provisit / Leistung

戦争、紛争地域に旅行中、あるいはアルコール摂取中に起きた事故は対象外となります。

保険の使い方

旅行(留学)先で具合が悪くなり医者に診てもらう場合、保険会社から送られてくる書類、"Ärzte-Info-Ticket"を持参、診療所で提示してください。ここに、

1. 保険の対称になる治療範囲

2. 事前に保険会社の許可が必要な治療

3. 医師への報酬

4. 診察費は保険会社に直接、請求してください。

と医師への案内が書かれています。

手術、あるいは入院治療が必要になった場合は、入院する前に保険会社に病気の症状、入院される病院の名前をお伝えください。この処置が行われない場合、入院治療費を保険会社が被保険者に代わって支払うことができません。

保険料の請求

お医者さんも診療所を経営している経営者です。保険会社へ診察費を請求するか、患者による支払いを要求するか、決めるのは経営者のお医者さんです。

診療所で診察費をお支払いされた場合、請求書は大切に保管しておいてください。薬が処方された場合は、その費用も保険の対称になりますので、領収書は必ずもらってください。

保険料請求には、保険会社が用意している保険料の申請書類を利用してください。

 

保険料の支払い先の銀行口座を明記の上、申請書、診療所からの請求書、薬代金の領収書を一緒に保険会社に郵送ください。

自分で手紙を書く

あるいはご自身で手紙を書いて、そこに申請書、診療所からの請求書、薬代金の領収書を同封して郵送することもできます。手紙には氏名、住所、連絡先(電話番号、メールアドレス)、保険証番号、診察に行った日、病状(医師の診断)、医師の名前、それに保険金の振込先などを書いてください。

以下に手紙の草案を挙げておきます。1枚目はドイツ語、2枚目は日本語で、1枚目に何が書かれているか解説しています。ご自身で手紙を書かれる際は、これを参考にしてください。

参照 : 保険料請求書の手紙(草案)

保険対象外
持病、渡航先に入国時点で発生していた病気、障害には、保険は適応されません。
処方箋なしで購入できる薬、保険開始前の妊娠、避妊ピル、定期健診(Educare24 XLを除く)、美容治療、HIV治療、ほくろ、魚の目除去、包茎手術、レーシック、避妊(不妊)治療などには、保険は適応されません。
保険の延長
プロヴィジット保険は現地で延長が可能です。下記の連絡先までメール、あるいはお手紙で保険の延長を申請ください。
保険の解約
DR.Walterでは契約の解約が可能です。ご帰国された証拠、例えば航空チケットのコピーと一緒に、いつ帰国されたかお知らせください。保険料をお支払いされた方法と同じ方法で、保険料が払い戻されます。
保険代理店データ
住所                                   Eisenerzstraße 34、D-53819 Neunkirchen-Seelscheid
契約前のお問い合わせ      Tel: +49 (0) 2247 9194-986   Mail: info(at)educare24.de
契約の変更等                         Tel: +49 (0) 2247 9194-41   Mail: vertag(at)educare24.de
保険使用に関するお問い合わせ     Tel: +49 (0) 2247 9194-31   Mail: leistung(at)educare24.de
お支払い関するお問い合わせ         Tel: +49 (0) 2247 9194-51   Mail: zahlungswesen(at)educare24.de
書類の郵送先          Dr. Walter GmbHEisenerzstraße 34D-53819 Neunkirchen-Seelscheid

© 2019 Dr. Walter GmbH 当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。